西洋占星術

2020年1月11日の蟹座満月(月食)内側から湧き出す感情と恐れずに向きあう

蟹座満月2020年

あけましておめでとうございます!今さら感がありますが…汗

九星気学の1月の運勢とグレートコンジャンクションの記事を書きかけのまま年を越してしまいました。

 

2020年1月11日4:21に蟹座で満月を迎えます。この満月は月食(半影月食)をともなう満月となっておりますよ。

この満月を迎えた日の11時頃には、昨年の8月から逆行していた天王星が順行に戻ります。これから2月の半ばまで、10天体が順行する時期となります。

この記事では、蟹座がつかさどるテーマ、星ぞらの影響などについてお届けします。

蟹座について

それでは、蟹座について説明していきますね。

蟹座の区分とエレメント
  • 2区分:陰=女性性 →受容的・受け入れるエネルギー・感情を大切にする・育てる力
  • 3区分:活動宮 →物事の始まり・新たな提案
  • エレメント:水 →溶かす・共感・感情・同情的・くっつける
  • 支配星:月

蟹座キーワード

親しみやすさ・安心感・心地よい環境・保護・守り・育み・基盤・安定・人情・感情的なつながり・母性・家庭・身内・愛情・共感・コピーする力

蟹座の身体対応

胸・乳房・胃

蟹座はとても愛情豊かなサインです。お母さんという存在を思い浮かべてみるとその特性がよくわかります。

  • 家族のために尽くす。
  • 子どもを守る。
  • 泣いている子の話を自分のことのように聞く。
  • 時に叱り、育てる。
  • 一緒にいると安心できる。

毎日、あったかいお味噌汁を作って家族の帰りを待っていてくれる。蟹座もそんな存在なのです。

蟹座満月の星ぞらの影響

蟹座満月, 2020, 半影月食, 月食

蟹座満月の星ぞらデータ

今回の蟹座満月のデータはこちら(東京の場合)。

  • 主要10天体+ASC(アセンダント)・MCを表記しています。
  • ( )内はサインと度数です。
  • 記号
    [♉:牡牛座][♋:蟹座][♏:蠍座][♐:射手座][♑:山羊座] [♒:水瓶座][♓:魚座]
活動宮 不動(固定)宮 柔軟宮
ASC(♐13°52’)
火星(♐04°59’)
太陽(♑20°00’)
水星(♑20°06’)
木星(♑08°55’)
土星(♑22°33’)
冥王星(♑22°42’)
天王星(♉02°38’R) MC(♍29°46’)
金星(♒26°23’)
月(蟹座♋20°00’) 海王星(♓16°28’)

 

今回も地のエレメントがどどーんと幅を効かせております!

時期的に、太陽と水星は山羊座にいる時期なのですが、木星、土星、天王星、冥王星とパワーの強い天体が地のエレメントに集まっているので、その実直さたるや風サインにいる金星あたりはゆらゆらと漂っているしかない状況でしょう(それはそれで楽しいですが)。

前回の山羊座新月は、8ハウスに天体が集まり、ノースノードが2ハウスにありました。今回はその逆。

今回も2ハウスー8ハウスの分野での出来事が強調される時となりそうです。

それでは、星ぞらの影響を順を追って読んでいきましょう!

太陽と水星、土星、冥王星のコンジャンクション

太陽と水星が1度も違わずに重なり、土星と冥王星も1度も違わずに重なり、少し離れてゆるーくですが木星も重なっていると見てもいいでしょう。

この満月の後、13日に土星と冥王星はぴったりと重なります。

土星と冥王星が重なって、これまでの古いやり方ががらりと刷新されるような動きが出てくるでしょう。

今まで信じていたのにまさかこんな人だったとは!なんてことが起こったり、伝統的なものが別の形で生まれ変わったり、絶対変わらないと思われていた社長が想像を超えるような全く新しい人に引き継がれたりするかもしれません。

そういった動きがこの山羊座満月から本格的に始まっていくでしょう。

すでに、アメリカとイランの対立が連日ニュースになっていますが、これも土星と冥王星の影響とも言えますね。

また、この満月時の太陽と水星のコンジャンクションは、外合と言い、地球から見て太陽の向こう側に水星があるコンジャンクションです(内合ももちろんあります)。

太陽の向こうに水星が隠れていることもあり、スマートに話し合いで…なんてことはなく、武力で攻撃しちゃったのかもしれませんね。

山羊座ステリウムから月へと注がれる光

蟹座の支配性は月ですから、この蟹座満月は、他のサインに月があるときよりも月の月らしさ(変な表現ですが)が高まります。

この日は、いつもよりも些細なことに敏感になったり、感情のゆらぎを感じる人が多いかもしれません。

前項でお話しした山羊座にある太陽、水星、木星、土星、冥王星の5天体(天体が連なることをステリウムと言います)から月へ向かって光線が一直線に注がれています(イメージとしてはウルトラマンが出す光線です!)。

月の周りには他の天体もなく、月はひとりでこの光線を受け止めます。蟹座で月のパワーが強まっているところに注がれる山羊座5天体ビーム。

揺れ動いてグラグラとしてしまいそうになるかもしれませんが、その感情をしっかりと感じてみることにトライしてみて。

月には海王星が120度で関わっていますから、ちょっと辛くなったら、ぼーっと空や海を眺めたり、芸術に触れたりすることで回復できそうですよ。

ノード軸と木星が重なる

ノード軸で起こる新月や満月は、日食や月食を起こします。今回の満月は「半影月食」と言って、満月が半分影に隠れる月食です。

ノード軸とは、太陽と月の軌道が交わる点を結んだ軸のこと。このノード軸は、いろいろな読み方がありますが、今生の課題、果たすべき使命、過去世で慣れ親しんだこと、克服すべきカルマなどを表しています。

サウスノードと木星がぴったりと重なる今回の満月。反対側には月。

今、仕事が忙しくて家庭がおろそかになってるな〜と感じてる人もいるかも。家庭サービスしなくちゃ〜という気持ちが生まれますが、なんだかんだ言っても今は仕事をやらないとならない時なのではないかと思います。

別の言い方をすると、今、家庭サービスやっても仕事のことが気になるし、仕事の連絡も入って来るのではないかと。

ということは、結局仕事をやらねばならないのです…。とりあえず仕事に集中しておきましょう。

それが未来への扉を開くきっかけになるかもしれませんよ!

ICに重なるカイロンと射手座火星

今回の満月は、ICと呼ばれる4ハウスの入口に傷ついたヒーラーと呼ばれる小惑星カイロンが重なっていますね。

この配置も蟹座満月では、自分自身の内側にある感情と向き合うことが大切たということを伝えています。

ひとりでゆっくりとできる時間を確保して、瞑想をしたりしながら、自分の内側を掘り下げていってみましょう。

見て見ぬ振りをしていた悲しみ、自分でも気づかなかった怒りなどが顔を出してくるかもしれませんが、どんな感情が湧いてきても、目をそらしたり逃げたりせずに向き合うことが、今後迎える大きな変化への足がかりとなっていくでしょう。

月食の影響について

今回の蟹座満月は、半影月食です。

月食の動画を探してみました。半影月食は、通常の月食とは違っていて、半分が薄暗くなるだけなので、肉眼で見てもあまりわからないそうです。

 

 

こちら↓でライブ配信されていたのでアーカイブが見れるかも??

 

この月食の影響は、前回の山羊座新月の時に書いた「日食の影響」と同じく、約半年間の影響があると言われています。

2019年の7月にあった蟹座新月から約半年が経ちました。昨年の蟹座新月に書いた願い事とこの半年間の変化を振り返って感謝しましょう。

今年のスタートに、最適な満月の日となりそうですね!

蟹座満月にやるといいこと

新月は願い事を書き、満月で感謝するといいよ〜ってことを、別の運営サイトである月と暮らすウェブマガジン「Life with the Moon」でもお伝えしています。

この蟹座満月の過ごし方のヒントをお届けしますね。

蟹座満月にすべきこと
  1. 自分の内側と向き合う。
  2. リラックスしておうちタイムを楽しむ。
  3. 実家に電話してみたり、家族写真を見返す。
  4. 瞑想をする。
  5. 湧き出た感情をひたすら書いて紙を燃やす。
  6. 2019年の嫌な出来事を振り返って要らないものを捨てる。
  7. 冷蔵庫や食料品を見て期限切れを捨てる。
  8. 小さい頃好きだった料理を作って食べてみる。
  9. 不安やネガティブな考え方を手放す努力をする。
  10. 断食して胃を休めたり、バストケアをする。

 

その他、蟹座満月の情報は、こちらのサイトにサビアンシンボルも合わせてまとめておりますのでご覧ください!

 

さいごに

自分の出生図(ネイタルチャート)を出せる人は、この満月が起こるハウスを確認してみてください。

そのハウスの出来事が活性化していることと思います。わたし自身も毎回、体感しています。

今回の蟹座満月の振り返りと感謝には、Life with the Moonのnoteにて公開中の自分を知るワーク「わたしみつかる12か月 蟹座編」もおすすめです!

これまでの成果を振り返ってこれからに活かすことができますよ!

月の満ち欠けをリマインダーとして、願い事を意図し、感謝する。このサイクルを活かすために、それぞれ方の新月と満月の情報を読んで、願い事に活かして行くための鑑定を受け付けています。

下の画像からショップへリンクします。現在は2020年の水瓶座新月と獅子座満月の「わたしだけのムーンガイド」を受付中で、この蟹座満月の日がお申込み締切りとなっております。

ムーンガイド

また、Life with the Moonのnoteでは「12星座別ムーンガイド」も更新しています!お得な定期購読マガジンもありますので、そちらもよろしくおねがいします!

この蟹座満月では、今月の星の影響についてお届けしていますよー!こちらに一覧を作っていますのでご覧くださいね!

星座別ムーンガイド

 

その他、西洋占星術、カードリーディング、九星気学の鑑定も受け付けてます!

【鑑定メニュー】あなたの行動をサポートし心を軽やかにするお手伝いをします当サイトでご提供中の鑑定メニュー一覧です。...

 

ABOUT ME
ほしの恭世
ほしの恭世
星とカードの翻訳家。九星気学アドバイザー。カードリーダー。 西洋占星術とタロットと九星気学を使って星とともに人生を歩んでいます!インドでアーユルヴェーダを学び、目に見えない世界を大切にする心に触れ、昔から興味のあった占星学を学びはじめました。それから流されるままに星にまみれ、無駄な抵抗を辞めて宇宙にサレンダー中。 デザインと企画の人・ライターでもあり。西洋占星術とタロットと九星気学を使って星とともに人生を歩んでいます!詳しいプロフィールはコチラ(長いよ!)。お仕事のご依頼は、サイトのcontactからどうぞ!
ただいま、Paypal支払いで鑑定料5%還元中です!

6月30日まで、Paypalのお支払いで鑑定料金5%還元中です!

どの鑑定がいいのかわからないわ〜という方は、まずはお問い合わせください。

西洋占星術&九星気学&タロットの中から組み合わせてお悩みに答える鑑定も可能です!

また、お悩みに対してどの鑑定方法が適切かもお問い合わせいただければお答えしますよ!!

鑑定メニューはこちら