西洋占星術

水星逆行期間の心得!注意すること&逆行を活かす方法【永久保存版】

水星逆行の影響。保存版。シャドウ期間についても詳しく説明。

水星逆行がずいぶんとメジャーになりましたよね。どちらかと言えば、不吉な感じで語られることが多いです。

それだけ影響が強いということなのでしょうが、悪いことばかりじゃないのです。だから、あまり恐れず、星の影響として楽しんで欲しいと思います。

今回は、水星逆行についての詳しい説明と水星逆行期間の心得などを以前書いた記事を大幅リライト&パワーアップしてお届けします!

水星が逆に行くってなんですの?

逆行と言っても、実際に天体が逆に動いてるわけではありません。地球から空を見た時に、逆に動いているように見える天体現象です。

水星だけでなく、月と太陽以外の他の惑星にも逆行はあります。太陽に逆行がないのは太陽を中心として惑星が公転しているからで、月に逆行がないのは、月が地球の周りを回っている衛星だからです。(わかってるって声が聞こえそうですが)

水星が逆に動いているように見えるとはなんぞや!?という方のために解説している動画をご紹介します。

水星逆行を占星術ぬきに説明したよ!って強調してありますね。

「水星逆行って検索したら、検索結果は占星術家に支配されていて『コーヒーをお気に入りのシャツにこぼす』だの『車が壊れた原因』だの言ってるけど、天文学的な現象なのよ」という導入がおもしろいです(動画自体もかわいい)。

この動画の1分26秒あたりから出てくる図がとてもわかりやすい。1分52秒あたりまで見てみてください。

動画を見てもわかるように、太陽の周りを回る太陽と惑星の関係で、地球から見ると惑星の軌道がループを描いているように見えます。

下の図は、wikipediaより引用した火星逆行のGIF画像です。こんな風にループを描いているように見えるんですね。

created by Rinker
¥1,320
(2020/09/23 10:17:45時点 Amazon調べ-詳細)

なぜ水星逆行の影響が大きいのか?

水星逆行が多く取り上げられているのかは、影響がそれなりに大きいからですが、どうして水星逆行の影響が大きいのかというと、上で紹介した動画の1分26秒から1分52秒を何度も繰り返しみているとあることに気づきませんか?

逆行は、水星と地球の間に太陽が位置していない時に起こる現象なのです。先程紹介した動画のスクリーンショットを撮ってみました↓

水星と金星は内惑星(太陽と地球の間にある惑星)なので、内合と外合というものがあります。

太陽→水星→地球と一直線に並ぶのが内合、水星→太陽→地球となるのが外合です。

2020年2月の水星逆行の例で言うと、2020年2月17日から水星が逆行を開始し、26日に内合、その後3月10日まで逆行をします。

逆行は、水星と地球の間に太陽が位置していない時に起こる現象ですから、太陽の向こう側に水星が位置しているときには起こりません。内合を挟んで前後に起こる現象なのです。

水星のちからがダイレクトに地球に届き、かつ逆に動いているように見える=起動がループを描くように同じ場所を3回通ります。これが「見直し」が図られるという理由。

そして、この逆行、水星の場合は、およそ4ヶ月に一度起こりますので年に3回水星逆行は起こっていることになります。頻繁に起こる(それも地球の近くで)ことからも水星の影響強い!となるわけですね。

 

ちなみに、2020年2月10日は太陽から水星が最も離れている東方最大離角でしたが、この最大離角のときは、惑星が明るく天体観測に適した時だそうで、14日ごろまでは夕方日の入りから30分後くらいの西の空に水星が見えているようです!(最大離角と内合・外合については下の図参照。wikipediaより)

天体観測

水星逆行してるとどんな影響があるの?

水星の影響が強いということはわかってもらえたと思うのですが、具体的に何が起こるの?どんな影響があるの?という部分をお伝えしましょう。

水星という惑星が、西洋占星術で何を表しているのかを見てみると…

水星がつかさどるもの
  • 知性
  • 学習
  • 言語
  • コミュニケーション
  • 情報
  • メディア
  • 技術
  • 移動手段

要は、これらのことに関して影響が出てきますよということなんですね。

逆行ということは、一度通った道をもう一度戻る(ように見える)わけですから、その影響としては、

  • スムーズに先に進まない
  • 乱れる・後戻りする
  • もう一度見直しが図られる

ということになります。

一般的によく言われているのが、

  • 電車などの交通機関の運行が乱れる
  • コミュニケーションのトラブル(勘違いややり取りのミス)が起こる
  • パソコンやスマホ(情報を取り扱うもの)が壊れる
  • 過去を振り返るようなできごとが起こる

というもの。これは先述の水星がつかさどるものがスムーズに行かない現象が生じているということですね。

東京だと毎日電車遅れてるし、逆行関係ないんじゃ…と思うのですが、大きく乱れることが多いように感じます。

水星逆行中に注意すること

水星逆行だからって恐れる必要はないのですが、水星逆行時に注意することについてまとめておきますので参考にしてくださいね。

パソコン、スマホのデータはバックアップしておこう

今や必須のパソコンやスマホのバックアップはマストです。

データが壊れる、開かない、なくなった!パソコンが壊れた!ということが起こりやすいですし、間違って捨ててしまった!ということもありますのでバックアップはしておきましょう。

わたしは、ハードディスクごと壊れて、自分しか持ってないデータがなくなったこともあります(しかも大クライアントのページものの入稿直前だった…泣)。

逆行前にバックアップしようとして、いつもならスムーズにバックアップがとれるのに、なぜかエラーになる!なんてことも…。

普段から習慣づけておくと水星逆行前に慌てることはないですね!

わたしは、外付けハードディスクに毎日バックアップし、大事なデータは全部クラウドサービスにあげています(2つのバックアップがある)。

人との会話やメールは時間をかけてゆっくりと

勘違いやケアレスミスが起こりがちなのでゆっくり話すことを心がけましょう。

OKのつもりで「いいです」と言ったら、NOに受け取られていた。

連絡したのに返事が返ってこないと相手を責めたら、メールが届いてなかったor相手のスマホが壊れていたなんてことも…。

SNSのやりとりや、書いたメールもよく読み直してから送信を!送信欄のメールアドレスを間違えて、送ってはいけない人に送ってしまったなんてことも起こりがちです。

以前、仕事をチームでやっていたときに、上の人の悪口を同僚に送ったつもりが本人に送っていた人がいて、仕事に大きな影響が出たことがあります…。周りの人にも迷惑かけるから注意してくださいね。

時間には余裕を持ってスケジューリング

東京の電車はいつも遅れていますが、大幅に遅れることも予想されます。

事故で電車が止まる、車が渋滞して目的地につけないなど起こりがちですので、いつもより時間に余裕を持って行動しましょう。

移動するときはいつもの時間にプラス30分は余裕を持つくらいで考えて。

わたしは水星逆行中に飛行機の到着が遅れ、羽田に着いた時には電車がなくてタクシー待ちの行列に並んで夜中に帰り着いたり、海外から帰る時に日程ごとずれたこともあります。

旅行をするなとは言いませんが、スケジュールには余裕を持たせておきましょう!

もし遅延したとしても、そこでゆっくりできるからどこへ行こうかな?と思えるくらいの心の余裕も欲しいところです。

大切な契約などはできるかぎり避ける

どうしてもというわけではありませんが、大切な契約などを予定していた場合、もし避けられるようだったら避けてください。

勘違いや確認不足、書類の不備などが起こりがちですから、どうしてもその日でなければ契約できない!という場合を除き、自分でコントロールできそうだったら延期を。

新しいことをはじめるのにも適してないと一般的には言われていますが、某大手オンラインショップは水星逆行時に会社を設立したらしく、今までにない新しいやり方だったから成功したなんて言われていますので、一概には言えないのかも。

どうしようもない場合は、それが運命ですからね。気にせず、流れのままに進んでください。

水星逆行中にやると良いこと

やっぱり注意することばかりじゃないか!と思わないで。これから水星逆行期間にやると良いことをお伝えしますよ。

水星逆行の影響は

  • スムーズに先に進まない
  • 乱れる・後戻りする
  • もう一度見直しが図られる

でしたね。これらを逆手にとって(逆行を逆手にって禅問答か!)、活かす方向で考えてみましょう。

メールや書類の整理

不要なメール、溜まってませんか?LINEなどのSNSでやり取りしたメッセージもたくさんあるとスマホを圧迫していくだけです。

思い切って、過去は振り返らない潔い女になって(もちろん男でも…)バッサリといらないメールを削除してしまいましょう!

書類も溜まってきますよね。こちらも必要と思って取っていたけれど、何ヶ月も見てないものがあるはず。

およそ4ヶ月に一度起こるというタイミングもちょうどいいですね。水星逆行期間に溜まった書類を捨ててしまいましょう!

読まないメルマガの登録解除

これは役にたちそうだから…と無料だからとどんどん登録してしまったメールマガジン。読まずにメールボックスに溜まってませんか?

メールを捨てようと先ほどお話しましたが、その捨てたメールの大半がメルマガだったら、登録自体を解除してしまいましょう。

読みたくなったらまた登録すれば良いことですから。

メールを捨てる手間を省くため、登録解除をおすすめします!

積ん読本の整理

水星は知性や学習をつかさどると言いましたが、読もうと思って買った本が長い間、積ん読になっていたら本棚にたくさんあったら、思い切って処分しましょう。

メルカリだと300円で売れるから…なんて思って捨てられない本が溜まってませんか?

もし売れるなら今すぐ出品して、逆行期間中に売れなかったら捨ててしまうか、興味のありそうな人にゆずりましょう。

どうしても読みたい本があったら、今すぐ読みはじめて!

連絡先の整理

もう連絡を取らないであろう人の連絡先を削除しましょう。

振られた人や決別した人の電話番号をいつまでも持っていても仕方ないですし、縁があったらどこかでまた繋がりますから。

データがなくなったと思って(思えないかな)、思い切って削除しましょう。

連絡先を整理したら、新しい友だちや恋人ができるかもしれませんよ!

最近連絡を取ってない人に連絡する

最近、ご無沙汰のあの人、どうしてるかな〜?という人はいませんか?水星逆行期間は、「見直し」の期間。これは「再会」も意味します。

わたしは数年前、水星逆行期間に「ご無沙汰の人、10人に連絡を取る」と決め、友人知人にメールを書いたりはがきを送ったりしていました。

今は10人という人数は決めていませんが、どうしてるかなと思う人に連絡を取るようにしています。

中には、過去に折り合いが悪くなってなんとなく距離を置いたまま数年経ったという人もいますが、思い切って「久しぶり〜!」と連絡を取ると、過去の関係も良い関係に変わるくらい目の前が明るくなりますよ。

最近は、ご無沙汰の友だちからの突然の連絡も多いです(その辺りの話はこちらこちらに少し書いてます)。

この突然の連絡が、「間違い」という理由(本当か嘘かはわからない)だったり、「突然他の人のキャンセルでチケットが余ったから」という理由が多いところがまさに水星逆行の影響で驚くことも…。

いずれにしろ、昔話も近況報告も盛り上がってとても楽しいので久しぶりの人へはぜひ連絡してみてください!

習い事や勉強の復習をする

今行っている習い事の復習や、昔勉強したものの復習はこのときに!

「なんだかよくわからないな〜」「つかめないな〜」と思っていたことが「こう考えればよかったんだ!」とすんなりと理解できたりするかも。

逆行期間は、わからないことを違う角度から検証してみるようにすると道がひらけてきますよ!

やりかけていた計画を見直す

水星逆行期間は「見直し」の期間ですから、やりかけていたのに何らかの事情で実現できなかったことを見直す大チャンスなのです。

計画が実現できなかった理由はなにかを考え、再度、計画を練り直し、次に取るアクションを考えたり、理由を考えた時に必要ないと思ったら、計画自体を取りやめるなどすると良いですね。

ダイエットするする詐欺をしているならダイエット計画を見直す(わたしのことだ)、読んでいたのに仕事を優先してしまい積ん読となっていた本を再度読み始める(これもわたしのこと)など、再プランしてみましょう!

内観・内省の時期にする

逆行期間中は、気持ちが内側に向かいやすい時期です。

自分の過去を振り返り、自分の考えやこれまでの体験を思い出し、内観するのに良いときになります。

反省すべき点は反省し、うまく行ったことがあったら、なぜその時うまく行ったのかを改めて振り返ってみになります。振り返ったことに、新たなアイデアへのヒントが隠れているかもしれませんよ。

水星逆行前後も影響はある

実は、水星逆行の影響は、逆行している期間だけではありません。

シャドー期間(シャドーフェーズ)留(りゅう)というものがあり、それぞれ影響があります。ちなみにこのシャドー期間と留は、逆行する惑星にはすべて起こります。

水星逆行シャドー期間

シャドー期間(シャドーフェーズ)

水星逆行のシャドー期間は、水星が逆行する前後の期間のことを言います。例えば、2020年2月の水星逆行を例にあげると、今回の逆行期間は魚座の12度53分から逆行が開始し、水瓶座の28度12分まで逆行します。

この魚座の12度53分〜水瓶座の28度12分の間を、水星はまず普通に順行して、その後順行してきた度数を逆行して、逆行した度数を再度順行します。

この逆行を挟んだ同じ度数分を順行する時期をシャドー期間と言います。上の図の青いマーカーで記した軌道部分がシャドー期間。黄色いマーカーで記した部分が逆行期間です。

シャドー期間は、逆行の前後ですので、前のシャドー期間をプレシャドー、後ろのシャドー期間をポストシャドーと呼びます。それぞれおよそ2週間ほどの期間です。

(シャドーなのかシャドウなのか…カタカナで書くとどっちが正しいんでしょうね…)

例えば、2020年2月17日からの水星逆行のシャドー期間は、逆行開始前の2月1日から(プレシャドー)と、逆行が終わった後の3月30日まで(ポストシャドー)。この期間も、水星逆行の影響があるので注意が必要な時期となります。

シャドー期間の主な影響は下の通り。

  • プレシャドー
    これから起こる逆行に向け、問題が浮上して来やすい時期
  • 逆行期間
    プレシャドー期間に浮上した問題を実際に見直したりする時期
  • ポストシャドー
    逆行期間中に見直し再検討したものを落とし込んだり、新しい方法を採用したりする時期

水星逆行期間は「過去の見直しをする」チャンスですから、対処しなければならない問題が浮上し、それを未来のために再検討できるタイミングだと考えると、むしろ歓迎しなければならない期間なのかもしれません!

水星逆行ありがたや〜!!

留(ステーション)

次に上の図の赤い丸のポイント。これは、留(りゅう)という状態。以前、留をなんと読んでいるかという話題で「とめ」と読んでいる人もいましたが(わからないですよね…)、正式には「りゅう」と言い、英語では、ステーションとも言います。

これは、順行→逆行と軌道が変わる時に、水星が地球から見ると止まっているように見える状態のこと。

これは飛んでいる鳥がホバリングしているようなもの。その場所に一定の時間止まっているのですから、エネルギーがそこに溜まっているようなイメージですね。この留の時は、エネルギーが強いので逆行や順行に転じるときは特に注意が必要だと言われています。

どんな風に影響が強いかと言うと、普通に何事もなく歩いていたのに突然ぬかるみにハマって前に進めない、または壁にぶつかるような感じで、スムーズに行っていたことが急に進まなくなるような気がしてイライラしたりします。

しかし、逆のパターンもあり。止めたいのに止められない暴走上司がいたとして、部署のみんなが振り回されていたとします。留を迎えると、その上司の暴走スピードがスローダウンしますので、スケジュール再調整のタイミングを得て部署のみんな一安心!なんてことも…。

逆行から順行に転じるときの留は、逆行中に起こった困難なことが終わるタイミングだったりもしますので、こちらも注意が必要とは言え、悪いことばかりではありませんね。

2020年2月の水星逆行で言うと逆行が始まる前の2月16日終わる前の3月9日が留となります。

2020年の水星逆行サイクル一覧

この記事を書いている2020年の水星逆行のサイクルを表にしました。水星逆行がどのサインで起こるかとどの区分で起こるかで影響の出方も変わってきます。

さらに言うと、自分の出生図の中のどこで起こるかも見ておくといいですね。

どのサインや区分で起こるかと個人の出生図のどこで逆行が起こるかによる影響は下の記事を読んでくださいね。

 

2020年におこる水星逆行についてその影響を読み解きます!
2020年に起こる水星逆行の影響を受けやすい人。浮き彫りになるテーマは?2020年に起こる水星逆行の全体的な影響をまとめました。自分の出生図と見比べると影響の強さと、浮上してきやすいテーマもわかります!自分への影響を調べて、水星逆行期間に備えましょう!!...

 

プレ
シャドー
逆行期間 ポスト
シャドー
逆行が起こる
サインと度数
2月1日〜 2/16 2月17日9:27〜3月10日12:32 3/9 〜3月30日 魚座12°53’〜
水瓶座28°12’
6月2日〜 6/18 6月18日13:38〜7月12日17:17 7/12 〜7月27日 蟹座14°45’〜
蟹座5°29′
9月24日〜 10/14 10月14日9:47〜11月4日2:36 11/3 〜11月20日 蠍座11°39’〜
天秤座25°53′

 

created by Rinker
¥7,313
(2020/09/23 10:17:47時点 Amazon調べ-詳細)

星の動きを活かすとは

水星逆行だって活かせばこっちのもの。

星の動きを活かすとは、その動きを考慮して行動することです。逆行だって知って活かせば怖くはありません。

嫌だ嫌だと思っていると、影響を大きく捉えがちになりますからね。

電車が遅れたら「ゆっくりコーヒーでも飲もう」、誤解が生じたら「じっくり話し合う良い機会」、物が壊れたり紛失したら「新しいものを買うチャンス」です。

そのように考えて、水星逆行シーズンを乗り切りましょう〜!最後まで読んでくださった方は、逆行への備えはバッチリですね!!(太鼓判)

 

 

ABOUT ME
ほしの恭世
ほしの恭世
星とカードの翻訳家。九星気学アドバイザー。カードリーダー。西洋占星術とタロットと九星気学を使って星とともに人生を歩んでいます!インドでアーユルヴェーダを学び、目に見えない世界を大切にする心に触れ、興味のあった占星学を学びはじめました。それから流されるままに星にまみれ、無駄な抵抗を辞めて宇宙にサレンダー中。人生の岐路に立った人を応援するために情報発信中です。 詳しいプロフィールはコチラ(長いよ!)。お仕事のご依頼は、コチラからどうぞ!